IQが良くなるお話―はじめに

IQが良くなるお話―はじめに

成績の良い人は生まれつき遺伝によって決まっているのでしょうか?
現在もほとんどの人が、『頭の良い資質は遺伝子だから仕方がない』とただ手を拱いているだけです。
遺伝子と優秀な頭脳にはどのような関係があるのでしょうか、そして後天的に頭を良くする方法はあるのでしょうか

人は、生れ落ちると同時に、頭の良し悪しで様々なランクに分類されます。
それは幼稚園の入園テストから、大学まで続き、さらに資格を得るための医師国家試験・ 公認会計士・司法試験等まで、試験の成績で評価され続けて厳しい競争社会を生きていかなければなりません。

試験の成績による頭の良し悪しの分け方は、独創性や想像力といった才能を持つ人を、概ね排除しながら進んでいきます。
英国のケンブリッジ大学やアメリカのハーバード大学のように、優れた個性や新しい思考方法を大切に扱う合理的な選抜方法とは異なり、暗記する能力が最優先されるのが日本の受験制度です。

IQテストが子供の人格まで順位をつけてしまう危険性から現在ではIQテストそのものが実施されなくなっています。

スイスやアメリカではIQの高い子供たち専用の教育機関がありますし、通常の教育機関でも飛び級があり12歳で大学生ということもあります。

日本では大学や国家資格も含めて、記憶力勝負のような試験が大半を占めており、教育に関しては前時代的な要素を色濃く残しています。

脳の言語野は、幼い頃の環境が大きく影響しますから、小学校に入学と同時に英語だけの授業を行うようにして週のうち何日かは英語だけの曜日を作れば日本の未来の風景は大きく変わっていくはずです。

音感や芸術的才能はできるだけ早い時期にスタートすることと、子供を取り巻く環境が重要です。

注意力や集中力も優れた脳の能力です。

ペンフィールドの実験など解剖学的見地から脳のどの部位が記憶に関わっていて、どの部位が思考力や創造性を支えているのかなど多くの事柄が明らかになってきました。

IQのお話

多くの人々は、頭脳の良し悪しは遺伝によるものと諦めます。
ところが、記憶遺伝子の発見や記憶能力をONにしたりOFFにする調節遺伝子の発見は、優秀な頭脳に対する見方を大きく変えようとしています。

例えば優れた個性を主張するような、デザインの分野なども美的センスを啓発する環境があれば育っていくことも明らかになっています。

算数や理科や歴史なども同様です。
記憶遺伝子の発現に関する研究もスタートしています。

特に脳の機能を活性化させる栄養素に注目が集まっています。

記憶力や思考能力も明瞭にする特別な栄養素の存在。
記憶や思考力といった脳の機能をUPさせる高機能サプリメント『PSブレイン』


■次のページ
 日本人のノーベル賞受賞者

IQが良くなるお話

ピュアサプリメント 受験に合格するために ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする ピュアサプリメントに電話でお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー