IQが良くなるお話―日本人のノーベル賞受賞者

IQの良くなるお話 IQサプリメントPSブレイン一覧

IQが良くなるお話―日本人のノーベル賞受賞者

日本人ノーベル賞受賞者

湯川秀樹 物理学賞(1949年)
京都帝国大学理学部物理学科卒業。中間子の存在の予想。コロンビア大学在籍中に受賞。
朝永振一郎 物理学賞(1965年)
京都帝国大学理学部物理学科卒業。量子電気力学分野での基礎的研究。
江崎玲於奈 物理学賞(1973年)
東京帝国大学理学部物理学科を卒業。半導体におけるトンネル効果の実験的発見。IBM在籍中に受賞
福井謙一 化学賞(1981年)
京都帝国大学工学部工業化学科卒業。化学反応過程の理論的研究。
利根川進 生理学・医学賞(1987年)
京都大学理学部化学科卒業。多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明。MIT在籍中に受賞。
白川秀樹 化学賞(2000年)
東京工業大学理工学部化学工学科(現・工学部化学工学科)卒業。導電性高分子の発見と発展。
野依良治 化学賞(2001年)
京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了。キラル触媒による不斉合成反応の研究。
小柴昌俊 物理学賞(2002年)
東京大学理学部物理学科卒業。天体物理学、特に宇宙ニュートリノの検出に対するパイオニア的貢献。
田中耕一 化学賞(2002年)
東北大学工学部電気工学科卒業。生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発。
南部陽一郎 物理学賞(2008年)
東京帝国大学理学部物理学科卒業。自発対称性の破れ。
小林誠 物理学賞(2008年)
名古屋大学大学院理学研究科修了。対称性の破れによるクオーク世代の予言(小林・益川理論)。
川敏英 物理学賞(2008年)
名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。対称性の破れによるクオーク世代の予言(小林・益川理論)。
下村脩 化学賞(2008年)
長崎医科大学附属薬学専門部(現・長崎大学薬学部)卒業。緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見とその開発。

興味深い点は、2002年にノーベル化学賞を受賞された田中耕一氏が出るまでは、それまでの日本人受賞者の出身校は東京大学と京都大学に占められていた。
ちなみに、田中耕一氏は東北大学工学部電気工学科の出身。

2008年度のノーベル物理学賞及びノーベル化学賞を受賞された方々の中には南部陽一郎氏のように、 東京帝国大学理学部物理学科を卒業された方もいますが、その他にも名古屋大学大学院理学研究科を了えられた、 小林誠氏や、益川敏英氏、さらに長崎大学薬学部を了えられた下村脩氏がおられることは非常に興味深い。

どんなに本人が優秀でも、その人のダイアモンドのような理性をさらにインスパイアしてくれる環境がないことには、せっかくの才能も開かないことでしょう。
環境は重要なファクターであるため、研究設備の整った(優秀な資質の教授たちも含む)大学へ進むことが第一要件であることは、論を待ちません。
また、このことは東大京大以外にも、素晴らしい研究をするための環境が拡がったことを意味しており、誠に慶賀に堪えないことであると感動すら覚えます。

今、こうしている間にも人類の幸福と平和に寄与する真摯な研究を続けておられる学者が多く存在し、 近い将来、陸続とその研究成果が世界に認められることを思うと、心の底から喜びが湧き上がってくるのは、私一人ではないと思います。

■次のページ
 頭が良くなる食べ物へ

IQが良くなるお話

ピュアサプリメント 受験に合格するために ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー