身長を伸ばすシステム―骨端線

身長のお話 身長を伸ばす方法 身長応援サプリメント一覧
身長応援サプリメント人気ランキング―小学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―中学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―高校生編 身長についてご相談受付中 身長が伸びる仕組み−最新ニュース

身長を伸ばすシステム―骨端線

身長 ヒトの身長が伸びる期間は、骨端線の存在する成長期だけです。

骨端線が完全に消え去ってしまってから何年も
経過した場合は、どのような方法をもってしても
最早、身長を伸ばすことはできません。

長い人生にあって、成長期
あまりにも短いものです。

だからこそ、身長が伸びる大きな可能性を秘めた
成長期を大切にしなければなりません。

成長期にどのような栄養素を摂ると、身長を大きく
伸ばすことができるのでしょうか。
身長にはカルシウムといいますが、それは、誤った古い考え方です。

カルシウムや牛乳には、身長を伸ばす力はありません。
身長を伸ばすには正しい知識に基づいた生活習慣が必要なのです。

身長を伸ばす

脳下垂体から分泌されるヒト成長ホルモン(HGH)は、
直接、身長を伸ばす成長ホルモンではありません。

骨を伸ばす唯一の成長ホルモンは、ソマトメジンC(IGF−1)です。
(IGF−1)のほとんどは肝臓から分泌されているのです。

21世紀に入ってまもなく、若返りを期待して『成人にヒト成長ホルモンを投与するブーム』がアメリカで沸き起こりました。

いわゆるルードマン博士たちの提唱したヒト成長ホルモンで若返る療法です。

しかし、『ヒト成長ホルモン投与には筋肉の増強とそれに伴う脂肪の減少ぐらいしか効果がないことが判明し、副作用として浮腫や糖尿病が強く現れる』という研究報告が複数の研究チームによって発表されてから、アメリカでのヒト成長ホルモン(HGH)ブームは見る影もないのは、既に周知の事実です。

もちろん、成人にヒト成長ホルモン(HGH)投与をしても、既に骨端線が消滅しているため、身長が伸びることはありません。

ヒト成長ホルモン(HGH)や舌下式スプレーなどでは
IGF−1は、吸収されることはありません。
病的な低身長の場合では、身長を伸ばすためにIGF−1を注射などによって体内に摂取する必要がありますが、 低身長治療で行われているように、腹部や臀部に毎日注射をする以外に 方法はありません。

自費でこおn治療を受ける場合、年間に数百万円の費用がかかりますがすべての人が100%身長が伸びるというものではありません。

自身の体質に適合しなければあまり効果はありません。
しかし、わざわざ嫌な思いをしてまで、毎日、注射を続けるのはこれ以外に方法が無い為です。
この治療法はターナー症候群や染色体異常などの 特殊なケースだけに限られています。

低身長治療の対象外であるのならば、
つまり、病的な低身長でないケースにおいては、
睡眠・栄養・運動といった生活習慣を良好にして
自らの本来持っている機能を最大限に発揮して
IGF−1の分泌を増大させる以外に方法はありません。

ソマトメジンC(IGF-1)の増大が思春期における爆発的な身長の伸びに 直結すると、考えている人は少なくありませんが、実はそんなに単純なものでは ありません。
思春期における『性徴ホルモン』や『甲状腺ホルモン』など思春期における内分泌の変化が大きな鍵を握っていて、骨を伸ばす唯一の成長ホルモンである、ソマトメジンC(IGF-1)との融合のような現象が起きることによって、身長の爆発的な伸びを引き起こすことが分かっています。

しかし、そこまで身長の伸びる仕組みを突き止めながらも、そのシステムの内容そのものは2015年現在も完全には解明されていません。


思春期に旺盛になる『性徴ホルモンをはじめとする各種内分泌系の変化とソマトメジンCの融合のような現象』の中身は、誰も解明することができずにいました。

ところが、米国と英国の研究チームの【身長遺伝子】の発見によって、思春期における爆発的な『伸びのシステム』は、ようやくその姿を、私たちの前に現そうとしているのです。

現在、ゲノムの解読に端を発した遺伝子組み換えに関する研究が盛んですが、わたしたちの身体を形成している細胞群では、脳細胞でさえも、遺伝子組み換えという現象が脳内において高頻度に起きていることが実証されてきました。

【ヒトの脳細胞では、遺伝子組み換えが高頻度に起きていて、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっている】

※ 英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見。

                                    

 (英科学誌 電子版 Nature) 2011/10/31掲載

                               

要旨

『ヒトの細胞では、遺伝子が組み換わる仕組みを免疫関連の細胞で知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証。 2万数千個のヒトの遺伝子が、脳細胞が記憶や思考といった複雑な脳の活動を支える仕組みを解明、この成果は、英科学誌ネイチャーに31日発表。

研究では、細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。 コピーされて組み換わった遺伝子の検出方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。

その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた』。

                       

(注)レトロトランスポゾン(Retrotransposon) とは、移動する遺伝子のことです。
別名、可動遺伝因子とも呼ばれています。

では、レトロトランスポゾンがどのようにして移動するのかというと、まず、第一段階で、自分自身を、 RNA に複写します。 そうしておいて、その後に、【逆転写酵素】により、 DNA に複写し返されることで、細胞間を自在に移動することができるというわけです。

このような移動を「転移」といいます。

レトロトランスポゾン(Retrotransposon) は、遺伝情報の伝達機能とともに、自己を改変する機能を持っているのです。   

例えば、トランスポゾンは、遺伝子の一部を切り出して別の場所に移動するカット&ペーストという働きをします。 それに対して、遺伝子の一部をコピーして挿入するコピー&ペーストという働きをするのが、レトロトランスポゾンです。

レトロトランスポゾンは自らのコピーをつくって、ゲノム(全遺伝情報)のほかの場所に入り込む性質があり、遺伝子の発現を制御するスイッチ部分に入り込むと、その発現が増強されたり抑制されたりすることがわかってきました。

身長を伸ばす

レトロトランスポゾン (Retrotransposon)というのは、可動遺伝因子の一種ですから、真核生物組織のゲノム内に普遍的に存在しており、脳の可塑性にも繋がっています。

最新の研究は、遺伝子情報がダイナミックな方法、つまり、遺伝情報をONにしたり、OFFにしたりすることで新しい進化に影響を与えていることを示唆しています。

DNAの情報伝達機能が、静的なイメージから動的なイメージに変ってきたのも興味深いところです。

身長を大きくのばすためには、身長遺伝子をONにすることが、最も最優先される問題です。

『カルシウムを摂取』したり、『HGH(成長ホルモン)を経口摂取』しても、身長の爆発的な伸びは期待できません。

カルシウムで身長が伸びるなどというのは、誤った既に古い考え方ですし、特にHGHの経口摂取は、コラーゲンを経口摂取するのとその原理においては大差がないからです。

いま、美肌のためなどにコラーゲンがブームですが、コラーゲンはそのまま経口摂取しても、皮膚のコラーゲン不足が補えることは有り得ません。
コラーゲン自体が大きなタンパク質ですから、胃で分解されてから身体に吸収されるためです。

コラーゲンはアミノ酸単体であるグリシンとプロリン、そしてプロリンが 水酸化されたヒドロキシプロリンで構成されています。
蛋白質は消化に際しては、単アミノ酸やアミノ酸2-3個程度のペプチドまで分解されて吸収されてしまうのです。
ですから、コラーゲンを摂取しても直接体内にコラーゲンとして吸収されることはないのです。

成長ホルモン(HGH)の経口摂取も原理は同じです。

大切なことは、本来、自分の身体が自然に持っている機能を最大限に発揮することではないでしょうか。

それには、睡眠・運動・栄養といった生活習慣を良好にすることが必要です。
自分の身体の機能が正しく働くような方法とはどういったものでしょうか。
特に成長ホルモン(HGH)などは、自らの体内で分泌されやすいような食事をすることが大事です。

身長を伸ばす上で重要なことは、成長ホルモンの原料となる栄養素を食事で摂取し、『自らの体内で成長ホルモンを分泌させる』ことです。

年齢に応じた睡眠時間、体力に応じた運動を継続することは、自らの身体に本来備わっている機能を最大限に発揮させることにつながっていきます。
運動や睡眠は成長ホルモンの分泌に深く関わっているからです。
できるだけ早い時期に、そのような生活習慣を身につけることがポイントです。

骨端線のある期間の正しい努力は身長の伸びを加速するからです。

成長期だけの特徴はいくつかあります。
大きな特徴のひとつは骨端線がくっきりと存在することです。

成長期も終焉にさしかかるとこの骨端線が消えていきます。
完全に消滅すると、骨は硬い大人の骨になるのでもう伸びる
ことはありません。

オランダやドイツなど、平均身長が高い国は、どのような
栄養素を摂っているのでしょうか。

平均身長が高い国々   

また、成長期のこどもたちの暮らしぶりはどう違うのでしょうか。
成長期だけの特徴・・2つめはレベル4に達する深い睡眠です。

身長を伸ばす

睡眠・運動・栄養といった生活習慣が身長を伸ばす鍵を
握っています。

運動が不足しがちな場合は、どう対処するべきなのでしょうか。
逆に、過激な運動の場合はどうでしょうか。

睡眠・運動・栄養といった生活習慣は、個々の状況に応じて
最適な組み合わせを臨機応変にする必要があります。

状況に応じて機能的に連携させることができれば、身長が伸びる確率が ぐんと高くなることがわかっています。

まず、最新の情報を、【できるだけわかりやすく】というコンセプトのもとに、身長を伸ばすために必要な情報を、ブログでご紹介しています。

『ヒトの遺伝子の98%は眠ったまま発動することもなく消えていきます。
眠れる遺伝子を呼び起こす生活習慣の考察です』2011/06/24付 身長を伸ばすブログより抜粋

愛情遮断症候群が低身長の10%前後を占めるということについて複数の方から、もう少し詳しくというお問い合わせをいただきました。

【愛情】という漠然とした言葉ではなく、もっと生活に即した具体的な内容についてご紹介します。

身長遺伝子の受容体については、2013年現在もあまり研究が進んでいません。
わたしたちをとりまく環境の変化に伴い、流通・生産分野も簡単には把握しきれないほど複雑になっているからです。

ゆるがせにできない問題は少なくありません。 内分泌攪乱物質(環境ホルモン)もそのひとつです。

環境ホルモンなど人体に大きな影響を及ぼす物質の存在が、最近、明らかになっています。

環境ホルモンは正式には内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)といいます。
Endocrine Disruptorとして環境中に存在する化学物質の中で、ヒトの生体にホルモン様作用をおこしたりホルモン作用を阻害する働きがわかっています。

これについては日本においても2003年5月に政府見解がでています。

それによると環境ホルモンの定義は【内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質】となります。

既に明らかになっている例としては、精子の数が激減していくことなどが知られています。
近年、多発しているアレルギーや子宮内膜症、不妊、乳癌、発達障害などもその研究対象に指定されています。

甲状腺ホルモンや成長ホルモンに対する影響などは、因果関係を明白にするのにかなりの時間がかかるため、ほとんど明らかになっていません。

産業界などに多大な影響を及ぼすため、ベールに包まれやすい問題でもあります。

身長を伸ばす方法

では、音も無く忍び寄るこのような危機から、どのようにしてこどもたちを守っていけばよいのでしょうか。

結論として言えることは、わが子を守るのは親しかいないという事実です。

現状ではそのような問題を孕む物質をできるだけ遠ざける以外に方法はありません。

ホルモン以外の物質の中にも大きな影響力があるとされるものがあります。
金属のアルミニウムなどです。

1976年、カナダにおいてアルツハイマー患者の脳から健常者の数十倍という高濃度のアルミニウムが検出されました。

当時、アルミニウムは脳に入りこむことができないとされていましたが、複数の研究者から【アルミニウムイオンは血液脳関門を突破する】という報告がなされてから事態は大きく変わってきました。

アルミニウムは老人班の成分のひとつですが、体内の鉄や白血球により活性酸素の生成を促進する働きがあります。
こうして生成されたアミロイドは沈着をすることで老人班を作ります。

アルツハイマー病では、脳の組織内において線維性タンパク質が異常に増える特徴が見られますが、この線維性タンパク質はアミロイドそのものであり、ニューロン(脳の神経細胞)の変質・死滅の原因となるものです。

現在、アルミニウムとアルツハイマーとの関係は研究の途上ですが、賢明な消費者は、食事の調理に使用するお鍋などはこれを避ける傾向にあり、熱によりアルミニウムイオンが溶け出す可能性のある使用頻度の高い調理器具は敬遠されているようです。

たとえば、ステンレスのお鍋も、何層目かにアルミニウムの層がありますから使用頻度が高くて摩滅したようなものは、早めに新しいお鍋に交換するのもひとつの方法でしょう。

サプリメントの包装にアルミニウムを使用しているものを避ける賢明な方が多いのも事実です。

環境ホルモンやそれに類する物質は、ヒトの健康に直接関わることですから、慎重に対応するべきでしょう。

このような配慮(知識)も、身長遺伝子の活性因子である【愛情】のひとつではないでしょうか。



身長応援サプリメントアローンQuality
身長応援サプリメントアローンQuality
小学生からの身長応援サプリメントパーフェクトセット≪身長バズーカ≫
小学生からの身長応援サプリメントパーフェクトセット


ピュアサプリメント 身長が伸びる仕組み−最新ニュース ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー