身長と成長ホルモン

身長のお話 身長を伸ばす方法 身長応援サプリメント一覧
身長応援サプリメント人気ランキング―小学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―中学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―高校生編 身長についてご相談受付中 身長が伸びる仕組み−最新ニュース

身長と成長ホルモン

次のページ:身長を伸ばす方法
前のページ:平均身長―都道府県別    

身長と成長ホルモン 身長と成長ホルモンについて

思春期の性徴ホルモンや成長ホルモンなどが、成長期の身長の伸びを左右しています。身長の伸びは、第2次性徴によって大きな波を形成するためです。 脳下垂体から分泌されている成長ホルモンが、直接、骨を伸ばすわけではありません。
血液によって肝臓まで運ばれた性徴ホルモンや成長ホルモンは、 肝臓に(ある重要な物質)をつくるよう働きかけます。この重要な物質はIGF−1(ソマトメジンC)といって、骨を伸ばすために働く成長ホルモンです。IGF−1(ソマトメジンC)が血中に送り込まれることで、骨端部位にある感受体は、速やかにIGF−1を感知します。この時、軟骨組織は反応し、軟骨組織の増殖活動が活性化するのです。
この、軟骨細胞の増殖活動が、成長期に順調に行われているかは、レントゲンによる骨端線の検査で確認することができます。つまり、骨端線がある間であれば、骨の長さが伸びて身長が伸びるのです。
いつまでも身長が伸びるかと 言うとそうではなく、性差や個人差はありますが、 一般的に、現在の日本では、欧米よりも早く身長が伸び止まる人が多く、 高校2年生前後で、ほぼ止まるのが平均値になっています。

身長と成長ホルモン 身長を伸ばすには

欧州の子供たちは、日本の子供たちよりも、約半年から1年くらい成長期に入るのが遅いため、最終身長は高くなりやすいのです。その理由は、成長期を、平均で1年から半年程度、長く続けられるからです。
彼らのように身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌を促進して、成長期を少しでも長く持続すればよいわけです。
成長ホルモン分泌不全などの原因による低身長症という病気には、IGF−1を注射する治療をしますが、 成長ホルモンの分泌が正常だが背が低いとか、平均身長くらいはあるが、さらに身長を伸ばしたい場合は、骨端線のある成長期にIGF−1(骨を伸ばす唯一の成長ホルモン)の分泌を多くすることを考えなければなりません。

身長と成長ホルモン 身長を伸ばす上でいちばん大事なのはタイミング

成長ホルモンは就寝後2〜3時間後や、運動後、食事の数時間後などに 分泌されるので、昼間によく運動し、効率的に必要な栄養素を食事で摂取して、なるべく長時間、熟睡することで、身長を大きく伸ばす確率が高まります。

ただ、成長ホルモンが分泌されていても、血液中に軟骨の原料となるコンドロイチンなどの栄養素がなければ、 骨を作る素材がないということになり、ガス欠のような状態になってしまいます。

身長と成長ホルモン 睡眠の約30分前にサプリメントを飲むと・・・

血液中に栄養素が取り込まれるのは、食事の約30分から1時間後ですので、 身長を伸ばすにはよいタイミングになります。

タイムスケジュール的に言うと、就寝の3時間前に夕食を取り、軽いストレッチやマッサージで血行を良好にして、長時間、熟睡すると、成長ホルモンの分泌のタイミングがほぼ同時となり、血液中にも十分な栄養素が行き渡っていることになります。


身長と成長ホルモン 身長はカルシウムでは伸びない。

「牛乳を飲めばいい」「小魚を食べる」など、身長を伸ばすための栄養素としてカルシウムを勧める人がいます。

これは既に古い誤った考え方で、残念ながら、牛乳やカルシウムには、身長を伸ばす力はありません。

軟骨を作る材料は、コンドロイチンやグルコサミンなどです。
最初に軟骨が生まれて、次第に軟骨内骨化という現象が起き、骨が伸びていくのです。この繰り返しが、骨端線となって、成長の痕跡を刻むのです。

視床下部の部位にある脳下垂体から成長ホルモンは分泌されますが、そのために必要な栄養素はアルギニンなどのアミノ酸と、ビタミン・ミネラルです。
アルギニンが成長ホルモンの分泌の鍵を握っています。

また、各種のアミノ酸(アルギニン・オルニチン・トリプトファン・グルタミン・グリシン・チロシン)が必要です。

この各種のアミノ酸は相乗的に働きますから、一緒に摂る事がより効果的です。

特にアミノ酸の中でも、オルニチンはしじみや大豆から摂れるアミノ酸ですが、成長ホルモンに深く関与してアルギニンのパワーを相乗的に引き出します。

成長ホルモンの分泌を増大させるには、アミノ酸の他にビタミンB6・ナイアシンアミド・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・ビタミンCを一緒に摂っていると、夜間に成長ホルモン放出の引き金が引かれることになります。

睡眠中には成長ホルモンの分泌が数回にわたってありますが、分泌のピークは眠りに入ってから90分後であるということが分かっています。

やはりバランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動が身長を伸ばすためには重要です。

身長と成長ホルモン 身長を伸ばすために睡眠と運動をうまく関連させると・・・

気持ちよく熟睡することも身長を伸ばす上で大切です。適度な運動も身長には大事な要素です。

特に成長ホルモンの分泌がMAXになるのは、夜間に熟睡しているときです。
事実、夜間の睡眠時に、IGF-1の血中濃度が高い程、身長は伸びやすいことがわかっています。
その理由は簡単です。

紫外線がDNAを改変させるため、紫外線の無い夜間に成長するという安全な道を、人類は選択したからです。

身長と成長ホルモン おおらかに日々熟睡できることは身長を伸ばすうえでも生活の基本といえます。

身長と成長ホルモン 身長と成長ホルモンについて<2>

最新の研究では、正常な人の成長ホルモンは夜間に3〜5回大きな波になって分泌されるということがわかっています。

身長は寝ている間にぐんぐん伸びていきます。
骨の伸びるのが急激だと、きしんで痛いという人がいます。

身長は伸びるタイミングが重要で、身長が伸びだしたら長時間の正座や激しすぎる筋トレなどは極力ひかえて、身長を伸ばせるだけ伸ばしきりましょう。

受験勉強などで、睡眠時間はどんどん少なくなっていますが、身長にとって大切な事は 「熟睡すること」なのです。

それと成長ホルモンの研究では、夕食に食べすぎ、いわゆる過食状態になると、成長ホルモン分泌が抑えられるということがわかってきました。
身長を効率よく伸ばすための正しい食事法があります。
肥満も身長を伸ばすにはあまりよくありません。

計画的に食事のメニューをプログラムすることをお勧めします。


次のページ:身長を伸ばす方法
前のページ:平均身長―都道府県別    

ピュアサプリメント 身長が伸びる仕組み−最新ニュース ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー