身長が伸びる仕組み−最新ニュース

身長のお話 身長を伸ばす方法 身長応援サプリメント一覧
身長応援サプリメント人気ランキング―小学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―中学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―高校生編 身長についてご相談受付中 身長が伸びる仕組み−最新ニュース

身長が伸びる仕組み 最新ニュース

身長を伸ばすためには、成長の仕組みを正しく理解することが必要不可欠です。
成長期に、真剣に身長を伸ばそうとする人を応援する記事です。
”身長が伸びる仕組み”では、身長を伸ばす食事のレシピをはじめとし、身長に関する最新情報をお届けします。

小学生の身長を伸ばすサプリメント 身長バズーカ
一般に、低身長の原因のひとつである思春期早発では、成長期の体内にメラトニンが減少すると性腺刺激ホルモンが増加して、その結果、性腺刺激ホルモンの過剰分泌が原因で思春期早発につながることが明らかになっています。
メラトニンの身長に及ぼす影響についてはヒトゲノムの解析とともに新たな研究報告が相次いでいます。
身長遺伝子の発現を調節する調節遺伝子の存在が明らかになったという新たな展開を迎えているのです。

メラトニンとは睡眠物質であり、トリプトファンを前駆体として体内で合成されます。
トリプトファンは必須アミノ酸であり、セロトニンやメラトニンといった成長に関わる内分泌の原料として重要な物質であることは間違いありません。

身長遺伝子の発現因子である睡眠・運動・栄養といった生活習慣は連動しており、互いに影響を与えています。

しかも、光の影響を受ける視交叉上核とともに体内時計を統御することから成長を総括する司令塔の可能性が推定されています。

身長応援サプリメントを使用する場合は、相乗効果を高めるために睡眠の質の向上と睡眠時間の確保に重点を置くようにお願いいたします。
運動につきましては、運動による心地よい疲労が睡眠の質を向上させますし、骨端部位に存在するIGF-1を感知する受容体のセンサー感度が上昇するなど大きな相乗効果が期待できます。

現在、販売されておりますスペシャルセット・パーフェクトセット・GQ−1&アローンクオリティGPなどの各種セットは、身長遺伝子発現を活性化させる栄養面のサポートです。
これに加えて睡眠・運動といった活性因子が相乗的に連動することでさらなる効果が期待できます。
ぜひ、お試しください。

”身長が伸びる仕組み”最新情報の更新項目

@ メラトニン活性と内分泌の変化
A 思春期早発の仕組みなどについて
B 睡眠時間が長くなるとIGF-1の血中濃度は上昇する
C 脳内分泌物質メラトニンとIGF-1は身長遺伝子を発現する調節遺伝子を動かす
D タンパク質同化とタンパク質異化が体内で繰り返されて身体の成長や健康の維持を図る
E 睡眠中に遺伝子に内在する能力を発揮するパワーの質量
F 身長を伸ばす食事メニュー(小学生から成長期の中学生・高校生のメニューと理論)
G 身長の伸びるシステム 成長の構造と調節遺伝子の発見
H 遺伝子情報発現スイッチのONとOFFの概念
I 身長スパートの兆候を把握する
J 身長を伸ばす正しい方法
K 身長遺伝子の発現率を上昇させよう
L 遺伝子調節遺伝子は、DNAの遺伝情報発現のスイッチをONやOFFの状態にする働きがある
M 大学生になってから身長が再び伸びだすケース・成長期を長く維持する方法について
N 成長期のわが子に深い愛情を注ごう(生活習慣の改善には家族の応援が必要です)
O 人生の大切な局面に対応して成長期にしか発揮されない睡眠パワーを活用する
P アローンの成分比率を見直し、効率性の追求のためGQ-1やアルギニストとの相乗効果を重視しました

カルシウムや牛乳には身長を伸ばす力はありません。

身長は骨端線の存在する成長期に伸びていきますが、骨端線が消滅してしまうともう伸びる余地を失います。
この期間に正しい方法で取り組むことができれば、身長は必ず伸びていきます。

その仕組みを理論的に説明してまいります。

身長を伸ばす方法

まず、骨が伸びていくためには最初の段階として軟骨細胞が新たに産生される必要があります。
それはどういうことかというと、骨の伸びる仕組みの本質はタンパク質の合成により新たに軟骨細胞が生まれてくるということです。

では、この軟骨を形成するタンパク質の合成は、どのようにしてスタートするのでしょうか。
いくら原料のタンパク質が豊富にあったとしても、新たに軟骨細胞を作るという指令がでなければ、システムは働きません。

身長の伸びは遺伝子による直接的な支配の下にあり、遺伝子が主導的な役割を果たしています。
身長を伸ばす仕組みは、軟骨細胞を作るスイッチをONにしたりOFFにする調節遺伝子が存在することが核になります。

ここで関与している内分泌系は、IGF-1や甲状腺ホルモン、あるいは性徴ホルモンなどです。
分泌比率の微妙な変化を受けて、調節遺伝子は軟骨細胞を作るスイッチをONにするのです。

これは一晩に速やかに行われます。
骨細胞の分化や増殖のスピードは意外に早く、一晩に2cm前後の伸びを記録することも明らかになっています。

ただし、睡眠時間が短いと固まりきらないうちに押し戻されて実質の伸びは数ミリということになります。

軟骨内骨化という現象は、こうした分化や増殖を経た軟骨が、次第に大きくなり、骨の石灰化や骨内部への血管の侵入を経て、硬い骨に置き換わっていくのです。
この置換作業を軟骨内骨化といいます。

この時に必要な栄養素はプロテオリガンです。

軟骨組織に多く存在する【プロテオグリカン】というのは【糖タンパク】のことです。
柔らかい軟骨が受ける圧力を吸収して保護する【細胞外マトリックス】の主要な構成成分でもあります。

プロテオグリカンの構造式は、タンパク質にグルコサミノグリカンの糖鎖が結合した分子で、軟骨細胞の小胞体やゴルジ体といった細胞内小器官内で、糖ヌクレオチドという分子をもとに合成されます。

成長期に効率よく身長を高くするためには、糖ヌクレオチドが体内で効率的に作られる必要があります。
糖ヌクレオチドは、細胞質(cytoplasm)で作られ、細胞質から細胞内小器官内へ運び込まれます。

その輸送体としての役割を担っているのが、【糖ヌクレオチド輸送体】なのです。

現在、低身長治療はIGF-1という骨を伸ばすために働く酵素(ソマトメジンC)を自分で毎日、注射する治療が行われていますが、 もし、近い将来にこの生体内の機能について、【輸送体を制御する遺伝子】が特定することができれば、骨格形成、軟骨代謝における糖鎖機能の解明につながり、さらには身長を伸ばす根本的な仕組みが明らかにされる可能性があります。

遺伝子や酵素もタンパク質で構成されています。
骨を伸ばす唯一の成長ホルモンIGF-1も、酵素のひとつです。

このような成長期の身体に必要な栄養素で構成された高機能サプリメント【アローンクオリティGP】は特別な存在です。
このサプリメントは下記のセットに含まれていますのでぜひお試しください。

小学1年生から使用できる【身長バズーカ
中学生のために開発されたGQ−S&アローンクオリティGP
成長期の中学生や高校生に人気の【身長応援スペシャルセット】・【身長応援パーフェクトセット


●身長サプリメントの飲み方
栄養補助食品として、1日の目安の分量を水などでお飲みください。
一度に飲んでも、数回に分けて飲んでも大丈夫です。
※ご注文前はもちろん、ご注文後でもご不明な点があればご相談をお受けしております。
お問合せ・ご相談はこちらより承ります。


ピュアサプリメント 身長が伸びる仕組み−最新ニュース ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー