身長を伸ばす睡眠◆成長ホルモンの分泌と深い関係があります。

身長のお話 身長を伸ばす方法 身長応援サプリメント一覧
身長応援サプリメント人気ランキング―小学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―中学生編 身長応援サプリメント人気ランキング―高校生編 身長についてご相談受付中 身長を伸ばす方法(ブログ)毎週更新中!

身長を伸ばすためには睡眠が大切!

身長を伸ばす睡眠―深い睡眠で成長ホルモンをがんがん出そう!

昔から「寝る子はよく育つ」といいます。身長を伸ばすには1日7時間以上の睡眠時間が必要ですが、 それとともに眠りの質を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。

深い睡眠を得る方法とは

1.1日1時間は3000ルクス以上の光を見る。
 3000ルクスとはどんな光?
 ・学校や会社の電気は×
 ・電車の窓際や室内の窓際だと○(だいたい5000ルクスあります。)
 ・屋外の光だと十分ですね。
2.寝る前に「蜂蜜ナイトミルク」を!
 6、7月に太陽が沈まない国、北欧のフィンランドでは、寝不足対策のために「ナイトミルク」を飲むことが常識。
 蜂蜜ナイトミルクとは? ⇒ ホットミルクに蜂蜜を入れたもの
ミルクの中の眠りを誘う成分「メラトニン」は糖といっしょの方が吸収されやすく、 蜂蜜を入れることによって「メラトニン」の役目がしっかり果たされます。

【眠りに入ると・・・】最初の90分が大切!!
  身体を修復するノンレム睡眠
  脳を活性化させるレム睡眠
こうして役割の違う2種類の睡眠が4〜5回繰り返されて朝を迎える。
特に大切なのは、眠りに入りたてのノンレム睡眠。
このときに、成長ホルモンが1日のうちで最も多く分泌される。そして 心身の成長・修復、疲れの回復などが活発に行われている。

【まとめ】寝つきを良くして最初のノンレム睡眠をしっかり確保することで 眠りの質を高めましょう!
その他の快眠の敵は?
◆寝る前の食事は×
寝る前に食べると内臓の働きが活発になり、眠りにくくなります。 また、成長ホルモンは空腹時の方がより促進されるため、満腹状態は良くありません。寝る前の数時間は食事をなるべく控えましょう。
◆ストレスは睡眠に大きく影響します。
心配したり、不安な気持ちが脳を興奮させてしまいます。
ストレスを溜めやすい性格の人は注意しましょう。

1時間に1回首を回す。これをすることで、ストレスや心の高ぶりを鎮め、 「ホッ」と落ちつかせ、安らぐ気持ちを作り出す脳内ホルモン「セロトニン」 がよくでるといわれています。一度お試しください
(関連ページ 身長と成長ホルモン

身長を大きく伸ばそう 成長の司令塔【睡眠】

身長促進因子の発現を統括する【睡眠】の仕組みを正しく理解することは、運動や食事といった日々の弛まぬ努力を効率よく活かすことにつながります。

【睡眠】には種類があり、成長期の【睡眠】と身体の成長を終えた大人の【睡眠】には大きな相違点があります。

睡眠中に眼球が動くレム睡眠と眼球が動かないノンレム睡眠の理解も大事なポイントです。

通常、成長ホルモンの分泌は、ノンレム睡眠時に活性化するので、睡眠時の呼吸にも気を配る必要があります。

特に、アレルギー体質を持っている場合は、きちんとした配慮をするべきです。

成長のスパートが起きたとき、その波に上手に乗るためには、【睡眠】の実態を正しく把握する必要があります。

成長期を終えてしまった大人では、7時間前後の睡眠でも十分ですが、成長期の睡眠時間は、できるだけ長くとるようにするべきです。

脳内物質の中には、成長期の睡眠時には多くの分泌がみられるのに、加齢とともに次第に減少していくメラトニンや、反対に加齢とともに増加していく(老人斑)βアミロイドなどがあります。

両親ともに、平均身長数値よりも高い身長数値の場合、子供も高い最終身長になる確率がUPします。

ところが、遺伝子に格納されている設計図どおりに成長していくためには、RNAによる遺伝子の正しい複写という大事な作業があります。

もちろん、動物性タンパク質をきちんと摂ることが前提ですが、ある程度の睡眠時間の確保がなければ、RNAは正しく複写されません。

せっかく、高い身長数値に達する遺伝子の力を持っているのに、その力を生かしきることができなくなり、最終身長は思ったよりも低くなってしまいます。

また、ご両親の身長数値がそんなに高くなくても、遺伝子には、より高みに到達しようとする強い力がありますから、想定以上の最終身長に達するケースも少なくありません。 身長を伸ばす睡眠
遺伝子には、タンパク質を作るのに直接必要としない情報が書き込まれた不思議な部分があります。

それは遺伝子の中にある【イントロン】の存在です。

2011年現在も、【イントロン】の機能は、その全てがわかっているわけではありません。

ただ多くの仮説がある中で、【イントロン】には核小体低分子である小さなRNAを生む働きがあり、遺伝子の情報を転写するRNAをリードする働きがあることから、遺伝子の転写機能や遺伝情報の組み込み機能を持つ可能性が有力になっています。

実際、リボゾーム蛋白質の【イントロン】の中には常にコードされていて、RNAポリメラーゼIIというたんぱく質によって合成されたり、独立した【転写単位】として転写されたりすることがわかっているのです。

また、【イントロン】がDNAから消失されると、成長期の骨格形成遺伝子が働かなくなり、生命さえ危うくなる可能性が高いとする興味深い報告もあります。

第2次性徴の発動は、生命の中に組み込まれた時限装置のようなものであり、第2次性徴が発動すると、爆発的な身長の伸びが始まります。

それを正しくコントロールしている司令塔は【睡眠】であり、日々の生活の中で、成長期の睡眠を大切にすることは、本来、自身の持っている可能性をより高めることであり、想定以上の最終身長を実現するための慥かな道程です。

●身長サプリメントの飲み方
栄養補助食品として、1日の目安の分量を水などでお飲みください。
一度に飲んでも、数回に分けて飲んでも大丈夫です。
※ご注文前はもちろん、ご注文後でもご不明な点があればご相談をお受けしております。
お問合せ・ご相談はこちらより承ります。


ピュアサプリメント 身長を伸ばす方法 ピュアサプリメントにメールでお問い合わせする
ピュアサプリメントについて 商品ラインナップ ご利用案内 お問い合わせ プライバシーポリシー